GRADATION公式サイトはこちら>>>

【疲れと体の改善方法】40代からの食事と運動

疲れやすい40代の体質改善方法

くまさんの森

40代を過ぎると体の新陳代謝に変化ができます。
30代や20代のように同じような食生活や生活リズムなどを行っていると、当然エネルギー消費の割合が変わるのでお腹が出てきたり、その他身体の様々なところに出てきます。

運動などは確かに有効ですが生活習慣の全般のリズムを整えることが重要になってきます。まず1つに食事、睡眠、運動、リフレッシュなどを見直すことが全体的に疲れにくい体質へとつながります。

どの項目も重要ですが、疲れやすい体質などは体の新陳代謝の影響しているためまずは食事を見直すことが先決だと思います。

ただ現代社会は24h動いていてたかだかピンポイントで食事をするのは難しいと思います。その場合はサプリメントなど並行して健康維持のために飲むことが必要になってきます。

疲れやすい体質の改善と食生活の見直し

年齢とともに体のコレステロールのことや中性脂肪が高いなど見えてくると思います。そこで同様の食べ物が良いのかを話していきます。

まず中性脂肪は体を動かすために必要なエネルギーの元となります。ですが取りすぎたり体に余った分は体にためこまれ、体脂肪となってしまいます。

中性脂肪が増えると善玉のベストロールなどが少なくなり、逆に悪玉のコレステロールが増えてしまいます。悪玉のコレステロールは様々な病気の原因となり中には動脈硬化などの原因となる場合があります。

継続的に適度な運動を行わないと余計な脂肪が増えていくばかりで良くありません。また40代を過ぎてくると体の新陳代謝も変わってくるので余計に配慮する必要があります。

そこで中性脂肪などを下げるには炭水化物や糖類、アルコールなどを控えることが大事になってきます。また食事では食物繊維などが多く含まれる野菜や海藻類、魚などをとると良いでしょう。

サンマ、マグロ、サバなどの魚類はDHAに中性脂肪を低下させる作用があります。トマトなどの有効でβカロチン、ビタミンCが豊富でリコピンの高い抗酸化作用で血管などを強くして中性脂肪を下げやすくなるようです。

40歳を過ぎるとコレステロール値なども気になってきます。コレステロールは細胞膜を作ったりホルモンと胆汁の材料となり体に必要なものです。過剰に取りすぎたり小説なのがうまくいかなくなったりすると、血管内側に悪玉LDLコレステロールがたまってきます。

その状態で放置してしまうと酸化したLDLコレステロールが血管などを傷つけ動脈硬化などを起こすと言われています。このように放っておけない高コレステロール対策には極力肉料理を減らして魚などに変えると良いです。代表的なのはサンマやサバ、アジなどの魚が良いです。

魚以外には野菜やキノコ、海藻などは食物繊維が豊富に含まれコレステロールを減らし体外にうまく排出する働きをしてくれます。

 

疲れやすい体とおさらば無理のない運動を継続する大切さ

 

くまさんの森

運動もジムなどに行くのも有効ですか、どうしてもお金や時間がかかってしまいます。また運動は毎日に続けた方が効果的ですので、例えば夕方のウォーキングでリフレッシュと運動を兼ねるなどが良いと思います。

軽く動かすことによって日々の疲れを軽い運動によっているしさせ、また軽い運動により血液の循環が良くなり、心にくまなく酸素と血液を送るので体に良い効果あります。

寝る前なのに激しく運動行ってしまうと交感神経の活動が活発になりうまく眠れないなど睡眠の質を下げてしまうので、寝る前の運動を避け夕方なのが良いとれます。

また週末などは森などに行って森林浴などが効果的だと言われています。森などには香りの成分フィトンチッドが放出する化学物質があり、それらは身体に良い影響を与えあります。

また木々の香りの成分のテルペンという香りの効果として眠気覚ましや殺菌作用、血液効果など多くの効果があり、マイナスイオンを見ながらのウォーキングすることによる心地よい運動で気分もリフレッシュされとても効果的です。

また日常生活でなかなか忙しく運動できない場合は帰る途中いつもより少し早歩きで帰る事でも運動効果になります。意識することが大切です。

規則正しい生活と睡眠効果で疲れをとる


脳をクールダウンさせ神経伝達物質の生産などを助けるには睡眠が欠かせません。特に成長ホルモンが分泌される夜の10時から2時ぐらいの時間に寝ていることが重要です。

成長ホルモンは傷ついた細胞を修復するだけでなく、脳を元気に回復するためにも役立ちます。特に睡眠中は深い眠りと浅い眠りを交互に繰り返します。

睡眠時間などは90分サイクルで働いてるので90分の倍数になるように意識すると、目覚めもよく規則正しい生活となります。
1番は夜眠いと感じたら寝ることが1番スムーズに見つける方法といえます。

 

疲れを取るメンタル効果食事でおいしいと思うことが効果的

私たちが生きていくためには食事は欠かせません。 1日中何もしなくてもお腹が空くようにじっとしているだけでも膨大なエネルギーを必要とします。
くまさんの森
特に仕事や体を担ぐ人などは特にエネルギーが出されます。食事は単にエネルギー補給と言うこと以上に精神的な満足も出ています。

特に空腹の時に食べるご飯はおいしくて別格です。ですので食事で空腹感が満たされたときいちばんドーパミンの分泌量が活発になるのかもしれません。多少の疲れやストレスなど発で吹き飛ばすほどの力があります。


おいしく食べる事は脳に多大な満足感を与えます。その影響で美味しいという期待感で色を高めると、もう下垂体かチロトピンというホルモンが分泌されるそうです。

このチロトロピンとは全知全能、全生命力を発揮するホルモンと言われすごい力を持っています。そしておいしいと感じることで満足に満たされるとドーパミンが分泌されて結果として疲れなどを最小限にしてくれます。

 

まとめ

40歳を過ぎると本当に体に変化を感じます。ですがそれは体の生理現象でその状態と正しく向き合うことが今後の健康維持に役立つと思いました。疲れを感じにくい体質にするためには自分の足りなかった食生活や、睡眠、運動などと真剣に向き合い1個1個改善してことが近道と感じました。

人が生きていくために必要な行為であり、改めて健康という言葉を考えさせられました。でも現代社会はなかなか食事と思っうまくいかないので健康食品のサプリメントをうまく併用して今後に活かしたいです。

↓ 関連記事 ↓

【疲労回復に効果的な睡眠】今日からできる改善方法!

 

 

スポンサーリンク

積極的にシェアお願い!!

スポンサーリンク

ABOUT US

NISHI
40代で家族4人猫と栃木で暮らしています。 3年前まで大手企業で工場の技術系のお仕事をしていました。その後脱サラしゼロかビジネスに参入し始めました。最初の年は試行錯誤した年になりましたが次の年から売り上げが前の年を大きく超えるようになりました。 現在は物販を継続しながら0→1からの収益を現在は資産運用し投資家としても活動中です。 途中からご縁がありWEB制作に出会い現在グループで一からWEBサイト作成勉強中です!