GRADATION公式サイトはこちら>>>

小学校1年生・2年生の低学年に読んで欲しい、親が子供に与えたい本を選ぶ時の基準は?

こんにちは!あーちゃんです!

子供が小学生になったら、自分で本を読む習慣を付けさせたいものですね。

低学年のうちに是非読んで欲しい本を数冊ご紹介しますので、図書館や書店で手に取ってみて、お子さんに与えてみてくださいね(^^)/

ぐりとぐら

ぐりとぐら

定番の一冊です。

お料理をすることが大好きな、のねずみのぐりとぐら。

カステラ作りを始めると、周りにはたくさんの動物たちが集まってきます。

ほんわかムードが漂い、心が温かくなる幼少期に一度は手に取って欲しい本です。

我が家では、「ぐりとぐら」を1年生のお姉ちゃんが、3歳の妹に読み聞かせしています。

♣作:中川李枝子

♣絵:大村百合子

♣出版社:福音館書店

♣JAN:9784834000825

♣発売日:1967年01月20日

♣価格:990円(税込み)

♣対象年齢:小学校低学年~(読み聞かせなら3歳~)

 

 

吾輩は猫である(声にだすことばえほん)

吾輩は猫である

夏目漱石の「吾輩は猫である」が楽しい絵本になっています。

猫の目を通して、人間模様をユーモアを交えて観察しています。

大人になってから読むのとまた違った感銘を受けるのではないでしょうか?

♣作:夏目漱石

♣絵:武田美穂

♣出版社:ほるぷ出版

♣JAN:9784593560516

♣発売日:1967年01月20日

♣価格:1320円(税込み)

♣対象年齢:小学校低学年~

 

 

おおきなかぶ

おおきなかぶ

「うんとこしょどっこいしょ」の掛け声でおなじみのロシアの民話です。

おじいさんが大きなかぶを抜こうとしますが、なかなか抜けずにおばあさんに助けを求めます。

おばあさん→孫→犬→猫→ネズミと応援を頼みますが、どうなることでしょうか??

 

♣作:A.トルストイ

♣絵: 佐藤忠良

♣出版社:福音館書店

♣JAN:9784834000627

♣発売日:1966年6月20日

♣価格:990円(税込み)

♣対象年齢:小学校低学年~

 

 

教室はまちがうところだ

教室はまちがうところだ

教室はまちがうところです。
最初はドキドキしながら手を挙げて、でも何度か手を挙げて答えているうちにドキドキしなくなるものですよね。
初めから答えが当たるはずはありません。

子供に是非是非読んで欲しい一冊。

そして、小学校の先生は、この詩を教室に貼っておいて欲しいと思います。

♣作:蒔田晋治

♣絵:長谷川知子 

♣出版社:子どもの未来社

♣JAN:9784901330404

♣発売日:2004年4月23日

♣価格:1650円(税込み)

♣対象年齢:小学校低学年~

 

 

いやいやえん

いやいやえん

何でもかんでも「いやだ!いやだ!」を連発して、駄々をこねるしげるくんが、「いやいやえん」に連れてこられます。

「いやいやえん」ってどんな園なんでしょうね??

幼稚園や学校に必ず備えてある絵本ですね。

♣作:中川李枝子

♣絵:大村 百合子 

♣出版社:福音館書店

♣JAN:9784834000108

♣発売日:1962年12月25日

♣価格:1430円(税込み)

♣対象年齢:小学校低学年~(読み聞かせなら3歳~)

 

 

最後に…

幼少期に子供が読む本は、その子供に大きな影響を与えます。
親がアドバイスして、良い本と出合わせてあげてください。

こちらも参考にしてね
↓ ↓
幼児向けの本をご紹介してます!

スポンサーリンク

積極的にシェアお願い!!

スポンサーリンク

ABOUT US

あーちゃん
孫から『あーちゃん(^^)/』って呼ばれています!『おばあちゃん』から『あーちゃん』への変化形です!「おばあちゃんの知恵袋」として、子育てに役立つ情報をお届けします。私の宝物は「愛する人の笑顔」「大切な人の笑顔」そして「私自身の笑顔」笑顔に囲まれているとこの上なく幸せを感じます♪♪あなたの周りにも笑顔があふれますように♪♪