GRADATION公式サイトはこちら>>>

DTM「クラブ系ダンスミュージックのトラックメイクについて!」(ダブステップ編)

version3.2

 

こんにちは!アフロです!!

皆さん音楽ライフを楽しんでいますか?!

 

前回に引き続き今回もダンスミュージックのトラックメイクをしていきます。

 

今回のジャンルは「ダブステップ -Dubstep-」です♪

 

ダブステップとは

 

1900年台後半にロンドンで誕生したEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)のジャンルで、BPMは140〜150で2ステップのリズムにリバーブが深くリバーブが乗ったベース(ワブルベース)が特徴

Wikipedia

 

エッジの効いたシンセが前面に押し出され、攻撃的なイメージを持つ人が多いと思いますが、テンションが上がり、気分が高揚する場面に最適なザ・クラブミュージックです。

 

代表的アーティストですが、発祥初期ではBenny Ill(ベニー・イル)、2000年頃にはSkrillex(スクリレックス)、近年ではZomboy(ゾンボーイ)、Knife Party(ナイフ・パーティー)などです。

 

 

Skrillex | Scary Monsters And Nice Sprites 

 

 

NERO | PROMISES (SKRILLEX AND NERO REMIX)

 

 

 

ビート

 

DAW:Logic Pro X 

 

機材: Logic Pro X内蔵 Electronic  Drum  Kitから「Dropkick」appleloops音源「Full On Beat」をチョップし、追加でkick3を加えます。

 

BPMを146にセットして先ずはビート(ドラムパート)を打ち込みます。

 

音源アウトプット(Dr)

 

 

 

ベース

 

機材:Appleloops「Dubstep Reactor Music」「Minor Resolution Wobble Bass」 synthesizerから「Deep Wave Bass」

 

ダブステップの最大の特徴である「ワブルベース」(ブワブワ鳴ってる音)を前面に押し出したトラックを作成しました。

 

音源アウトプット(bass)

 

 

 

上モノ

 

機材:Logic Pro Xループ素材「Full On Wobble Bass 03」「Orchestrated Chaos Music」「Rapid Sample Music 01」

 

ワブルベースに合わせたメロディをチョイス。耳障な非常事態感を演出しています。

 

音源アウトプット(Over)

 

 

 

Dubstep “silence”

 

是非聴いてみてください!

Silence

 

 

 

評価もいただけると嬉しいです。

 

前回の記事もあわせてどうぞ
ドラムンベース編

 

最後までお付き合いくださり有難うございました!

毎週火曜日の更新を予定しています。次回もどうぞお楽しみに!!

スポンサーリンク

積極的にシェアお願い!!

スポンサーリンク