GRADATION公式サイトはこちら>>>

【疲れが取れない原因と対処法】それ方法間違ってますよ!

体の彼が取れない原因心当たりはないますが?

 

疲れがとれない人にはいくつかの共通点ありました。こちらではその間違った習慣と理由をお話ししていきます。

寝る前に気分転換にスマートフォンやパソコンを見る

夜などはリラックスなどをして自律神経を休ませる時です。その状態で緊張や興奮が高まってしまうような気分転換などを行ってしまうと、興奮した神経の状態が続いてしまいます。

内臓の働きを低下したり消化不良を起こししまったりしまいます。睡眠の質が低下し疲労回復がしない体質へと変わってしまいます。

栄養ドリンクやコーヒーなどを飲む。

疲れたときなど栄養ドリンクを本飲むと思います。飲んだ後はなんとなく体がすっきりした感じになりますが、それは栄養ドリンクの中にはカフェインや微量のアルコールが含まれているためです。

元気になったような感じに錯覚を起こし一意的に脳が覚醒状態になっているだけです。コーヒーなどもカフェインにより眠気覚ましなりますが、寝る前などに飲んでしまうと眠れなくなり睡眠の質を下げてしまいます。

どちらも飲むタイミングだけに注意すれば問題ませんがあまり依存しないことが良いです。

熱いお湯に長く入る

くまさんの森

お風呂は適度な温度では疲労回復につながりますが、熱いお湯40度以上のお湯に入ってしまうと交感神経が刺激され特に寝る前などは、体温が下がらずになかなか眠れずになってしまいます。

適度な温度とは38度から40度くらいの少しぬるま湯で、 15分から20分くらい入るのが1番よく、徐々に体温が下がるので眠気が結果睡眠の質を上げます。

疲れた時に焼肉などの料理を食べる

内臓や特に消化器系に負担が増します。疲れたときには消化に良いものを食べるのが基本ですが、焼肉やスタミナ料理は食べることによって効果はありますが、食べるタイミングが重要で疲れた後などよりも、疲れる前に食べると効果的です。

くまさんの森

 

一日中家でのんびりする

人の体は動くことにより血液などの循環が起こり各神経系が活発になります。怪我などしてるときは仕方がありませんが、通常であれば適度に歩き気分転換をしながら歩いたに動いた方が血流の流れを循環させて効果的な疲労回復を行います。

糖分などを積極的に摂取する

脳などが疲れたら糖分を取り血糖値を上げようと言われていますが、大きな落とし穴があります。そもそも血糖値は脳によって完全にコントロールされており、 一定以上に上がらない仕組みになっています。

もし血糖値が限りなく上がってしまうのであれば、糖尿病の疑いあります。血糖値などが高いと糖の結晶が血管を傷つけてしまうので腎臓や足のつま先の血管に血液などが送られなくなってしまいます。

それを抑えるために、すい臓からインスリンというホルモンが血糖値をコントロールします。普段ご飯などをゆっくり食べるとインスリンの出方もゆっくりなるので血糖値は正常のままに維持されます。

ですが糖分などを急激にとると、インスリンが大量に出てしまい低血糖になってしまいます。

その後これらの抑えられて血糖値は体の脂肪となります。甘いものなど砂糖などを取ることによって覚醒した感覚になるので甘いものが良いと思われています。

その感覚になるのはシュガーハイという砂糖の作成作業になります。ですので甘いものが良いといわれますが実際には誤解があります。

毎日眠く体の疲れが取れない場合の対処法1

くまさんの森

ここでは眠気を感じにくいように、ぐっすり眠るポイントを箇条書きにてお話ししていきます。疲れや眠気改善するためには質の良い睡眠が必要になります。

これらのことを実際に行うと徐々に効果が出てきます。全部行うのは難しい場合は出来る事から行うと良いです。

寝る前から少し照明を暗くする

寝る前の2時間前には照明の明るさを薄暗くすると良いです。玄関などの暗さがちょうどいいです。メラトニンなどは明るすぎると抑えられてしまうので部屋を少し暗くすると効果的です。

睡眠のリズムを一定にする

睡眠のホルモンと呼ばれるメラトニンは、朝目覚めて光を浴びたときから14時間から15時間後に分泌されます。一定量超えると眠気を誘います。起きる時間などを一定にすることでっての時間眠くなります。

このリズムを守ることで、スムーズに睡眠に就くことができます。

眠れる流れを作る

寝ようとする焦りが余計眠れなくするということがあります。心のなどが落ち着いていた方が寝付きが良くなります。

リラックスをするとα波という脳波が出ますが逆にα波出そうとする音楽を聴くことでリラックス状態になります。モーツァルトや子守唄などが代表的です。

毎日だるく体の疲れが取れない場合の対処法2

アロマテラピーを利用する

くまさんの森

かおりなどは昔から眠りの導くツールとして使われてきました。特に質の高い睡眠に効果があると言われているのかラベンダーです。その他にも有名なのがカモミールやスイートオレンジといったものです。リラックスさせて眠りを誘うには最高のアイテムとなります。

寝る3時間前は食事をしてる

満腹になると気持ちなども満足し副交感神経が優位となって眠くなります。ですがそのまま眠りについても質の良い睡眠にはなりません。

食べ物が消化されずに胃腸に残っていれば消化器官は活動を続け、眠りが浅くなってしまいます。そのため寝る3時間前には食事を終えていることが重要です。

寝付きが良くなる部屋の温度を知る

人が熟睡できる温度は夏が25分前後で冬が18度前後といわれています。寝苦しい夜など気温が30度で湿度が80%を超えると睡眠の質は悪化します。

特に夏は冷えすぎない程度にエアコンなどの温度をコントロールすることが今日回復につながるので注意してもらいたいです。

寝る2時間前くらいに軽い運動する

息切れしたり汗をかいたような運動は逆効果になります。ストレッチなどの軽い体操は身体中心部の体温を下げて眠気などを誘ってくれます。ポイントは寝る2時間前までに済ませる事です。

睡眠時間を削らない

睡眠時間が確保できないと十分な疲労回復効果が見込めなくなります。寝不足で疲労を溜め込むと、仕事などのパフォーマンスが低下し結果的に作業時間がかかり余計に睡眠時間がなくなってしまいます。どこかのタイミングできちんと睡眠をとる時間を設けて、体調整えた方が結果的に仕事のパフォーマンスばかり時間などを有効活用できます。

まとめ

疲れが取れない原因などをまとめてみました。

間違った事

くまさんの森

寝る前に気分転換にスマートフォンやパソコンを見る

栄養ドリンクやコーヒーなどを飲む、飲み過ぎる。

熱いお湯に長く入る本

1日中家でのんびりする

糖分などを積極的に摂取する

毎日眠く体の疲れが取れない場合の対処法

寝る前から少し照明を暗くする

睡眠のリズムを一定にする

眠れる流れを作る

アロマテラピーを利用する

寝る3時間前は食事をしてる

寝付きが良くなる部屋の温度を知る

寝る2時間前くらいに軽い運動する

睡眠時間を削らない

これらの対処法や原因はほんの一部に過ぎません。ですが出来る事を1つでも行うことにより効果が0から1なりますのでできることから行ってみてください。

スポンサーリンク

積極的にシェアお願い!!

スポンサーリンク

ABOUT US

NISHI
40代で家族4人猫と栃木で暮らしています。 3年前まで大手企業で工場の技術系のお仕事をしていました。その後脱サラしゼロかビジネスに参入し始めました。最初の年は試行錯誤した年になりましたが次の年から売り上げが前の年を大きく超えるようになりました。 現在は物販を継続しながら0→1からの収益を現在は資産運用し投資家としても活動中です。 途中からご縁がありWEB制作に出会い現在グループで一からWEBサイト作成勉強中です!