GRADATION公式サイトはこちら>>>

【疲労しにくい食事】と気を付けたい食べ方

 

疲れた日の夕食には実はお寿司と卵ごはんが良かった

くまさんの森

疲労回復に重要なのは入浴や睡眠などが重要ですが、それ以上に大事なのが食生活です。人間の体はバランス良く食べることによって体の各機能が回り、それらによって健康保持されてます。

1つでも栄養素が抜けてしまうと歯車が合わなくなり、結果として疲れやすい体質になってしまいます。なのでここでは積極的に食べた方が良い食事や控えた方が良い食事などを伝えていきます。

まず激しい疲れなどを感じたときには無意識のうちに頑張っていろいろ食べなくてはいけないと思いますが、かえって体に悪い影響を与えてしまいます。

消化吸収にエネルギーを使うと、疲れを余計に増幅させてしまいます。 1番良い方法は食べ過ぎずに寝るのが一番良いです。

お腹などが空いている場合は消化吸収に良い食べ物を選ぶと良いです。例で言うとスーパーなどで売っているパックのお寿司は良質なタンパク質の上良質な油が含まれます。

それと手軽に食べることのできるのが卵かけご飯です。疲れているときには良い食べ物です。

消化吸収などをよくするためには生の酵素を含んでいる食材を取るのが良いとされています。卵などには生の酵素はもちろんのこと体に必要なアミノ酸も一緒に取れる優秀な食材です。

この優秀な食材に味噌汁などを付ければ理想的な食材変わります。ワカメやネギと言ったシンプルで軽めな具材を使ったお味噌汁の方が胃の負担が少なく非常に良い組み合わせになります。

体をいたわる夕食メニュー

お寿司の盛り合わせ

良質なタンパクに加え遠のき手が穏やかで酢飯との相性も良い

たまごかけご飯

生の状態で食べるのがポイントです。酵素が多く含まれ消化吸収を助けます。

お味噌汁

ワカメやネギなど気に優しい食材が良い

 

食べ過ぎ忘年会!疲れやすい食材に要注意

仕事などで毎日疲れて外食などをする際は消化に良い食材と、そうでない食材を覚えておくことが重要になります。

先ほども話したようなお寿司やお刺身などの生の魚などは消化吸収が比較的良いです。その時鍋物や煮物も胃腸に優しい料理で栄養価も高く相性が良いです。

その一方で避けるべきなのは小麦などを多く使った食事です。小麦は消化酵素を無駄に使い腸内環境を乱します。例で言うとスパゲッティーや焼きそばやピザなどは多く食べる事はよくありません。

よく疲れている時にスタミナ料理の焼肉を食べに行くと思いますが、疲れてしまう前に食べた方が本来は良いものです。またお酒などを飲むと脱水して疲れが余計に増えます。

そのためにはよく水を飲んで回避することが大事になります。ビール一杯に対して水もありという具合に飲むと良いでしょう。

お付き合いの席や会食などが続いた時の食事

煮物 鍋物 お刺身・・・消化吸収が良く体の負担が少ない

小麦粉が多い料理・・・焼きそばやお好み焼き、スパゲッティー、ピザなどは小麦粉が多く           胃腸に負担をかけやすいです。疲れてる時は控えましょう。

焼肉などのスタミナ料理は疲れているときの前が良いです。

 

【疲れたときのお酒の飲み方】一番の効果は楽しむことです。

くまさんの森

先ほども話したようにお酒などを飲むと脱水して疲れが出やすくなります。その時水分を同時にとると良いですが1番は楽しく飲むことです。

お酒は心の栄養でありストレス解消を促す飲み物です。これはとても大事なことで最近の人は疲れが体になかなか出てこないものです。

毎日の ストレスから来る脳の疲労によるものが大きくストレスなどの発散のために酒を飲むなら、楽しく飲んだ方が効果的です。その時大事なのが自分の好きなお酒を飲むことが疲労回復に効果的です。

次の日に疲れを残さないお酒を飲むポイント

楽しく飲む

お酒は心の栄養と言えるほど人々の心を癒してくれます。楽しく飲んで発散しましょう

お酒を飲むときは水分も一緒に

最初に話したようにアルコールをとると人の体は脱水症状になりやすいです。なので酒を飲む場合はチェイサーをつけてお酒を飲んだ分の水分補給をしましょう。

お酒の飲んだ後の締めにはお茶漬けが最高です

お酒を飲んだ後にラーメンが食べたくなると思います。ですがラーメンには小麦粉と油と塩分が多くあり自重に負担をかけてしまいます。

そんな時はお茶漬けなどのあっさりしたものを食べると体に負担が少なく疲れが残りにくくなります。

 

疲労に影響 朝食も食べ物一つで変わります

お腹が空いている時など特に疲れてる時は消化酵素の無駄遣いは極力避けるべきです。そのためには出来るだけ加工されていない食品を食べることが重要になります。

朝食事などする時はパンとご飯がある場合ご飯を選ぶべきです。ご飯などは米と水だけで他には添加物などが含まれていません。逆にパンなどは加工食品で卵やバター、生クリームなどのほか添加物などが多く含まれています。

娘慢性的に疲れ気味の人で、まさにパン等を食べる習慣があればご飯などにシフトする方が体調なども良くなるかもしれません。

朝など忙しくてご飯が食べられない場合は餅ちなども良いです。
生活習慣や疲れにくい体質づくりのためにもパンよりもご飯を食べる方がお勧めです。

 

疲れる前に食べるのが効果的 うなぎと焼肉の食べ方

くまさんの森

ここぞという時に食べて欲しいのが一般的にスタミナがつくと言われるウナギと焼肉です。一般的に消化が悪いとされますが、これらは疲れる前に食べるのが効果的でここぞという時の前に是非食べておきたいです。

土用の丑の日も暑さがピークになる前にやってきます。暑さの影響で疲れる前にその日があり昔からの教えみたいです。

夏バテなどが心配だと言う人は厳しい暑さの前にスタミナメニューとしてたくさん食べて体力をつけておけば元気にのりきれるかもしれません。

スタミナ料理のうなぎと焼肉

焼肉・・・牛肉やラム肉などの赤身が良いです。タンパク質や鉄分、ビタミンB群がたっぷり入っています。

うなぎ・・・抗酸化作用があるビタミンAを始めとするビタミン類、亜鉛、カルシウム、鉄分、ミネラルなどが多く含まれ脳の栄養源となるDHAやEPAなどの栄養が多く含まれています。

スタミナ料理のうなぎや焼肉は疲れる前に食べるのが重要になってきます。焼肉などは消化吸収が悪く酵素などを大量に消費してしまうため、体の負担も大きくなります。ステーキやトンカツなども消化が悪いので疲労がピークの時に止めた方が良いです。

 

まとめ

 

お寿司を食べると消化を助け疲労回復につながる

お酒などを飲んだ時は同じ量だけ水を飲むと良い

なぎや焼肉は疲れる前に食べると良い

 

スポンサーリンク

積極的にシェアお願い!!

スポンサーリンク

ABOUT US

NISHI
40代で家族4人猫と栃木で暮らしています。 3年前まで大手企業で工場の技術系のお仕事をしていました。その後脱サラしゼロかビジネスに参入し始めました。最初の年は試行錯誤した年になりましたが次の年から売り上げが前の年を大きく超えるようになりました。 現在は物販を継続しながら0→1からの収益を現在は資産運用し投資家としても活動中です。 途中からご縁がありWEB制作に出会い現在グループで一からWEBサイト作成勉強中です!