GRADATION公式サイトはこちら>>>

【DTM】音圧アップ作戦!Limiter(リミッター)で迫力あるサウンドを!!

スポンサーリンク

version5.2

 

こんにちは!アフロです!!

皆さん音楽ライフを楽しんでいますか?

 

DTMで制作した楽曲を聴いてみたら

音小さっ!!って思うことありますよね。

 

とは言え、音量を上げすぎると音割れしてしまいます⤵︎

 

そんな時は、リミッター音圧を上げて

迫力のあるサウンドを作っちゃいましょう!

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

DTM楽曲制作(マスタリング)時の音圧を稼ぐ方法!!

 

 

リミッターとは?

 

DTMでのリミッターとはDAWプラグインのことを指します。

DAW標準から3dパーティ各種あり、プロダクトによっては音をMaximize(最大化)することからマキシマイザーと言われたりもします。

 

本来は、音が0dBを超えて割れないように抑えるLimit(制限)を用途としていましたが、現在のリミッターの用途は音圧を上げることが主流となっているようです。

 

【リミッター補正前】グラデーション@ブログ部

 

【リミッター補正後】
グラデーション@ブログ部

 

上図はリミッター(マキシマイザー)をかける前と後のサウンドの比較ですが、明らかに密度が濃いくなっていますよね。

 

マキシマイズ後も最大音量は抑えられていますので、聴いてみると音割れなく音量アップが実感できます。

 

では、その仕組みについて解説しましょう。

 

①元の音量からマキシマイズされ持ち上げた音量(黄色部分)に「しきい値(スレッショルド」を設定します。
グラデーション@ブログ部

 

スレッショルドを上回る部分に圧縮をかけてカットします。
グラデーション@ブログ部

 

③音量が全体的に上がったことによって、サウンドが大きくなったように聴こえます。
グラデーション@ブログ部

 

コンプレッサーと使用目的はほとんど同じで、どちらもダイナミクス系のプラグインにカテゴライズされますが、両者の違いはコンプレッサースレッショルドを上回った音に対して圧縮をかけるのに対して、リミッター設定したスレッショルドを超えないように先回りしてはたらきます

 

両者をよく「もぐらたたき」と「」に例えられたりします。

 

 

リミッターの設定について

 

プラグインの種類によってオリジナルの設定がありますが、基本的に以下の2項目についての設定をおこないます。

 

Threshold

前著したしきい値で初期値が0dBでそこからマイナスしていきます。サウンドを聴きながら0〜-5のあたりで調整するのが妥当です。それ以上かけてしまうとわざとらしさが目立ってしまいます。

 

Out Ceiling

リミッターを通した後の出力で初期値は0dBですが、そのまだと音割れの可能性がありますので、-0.1〜-0.3の間で設定しましょう。

 

まとめ

 

ダイナミクス系のプラグインリミッターについて、その仕組みから効果まで解説しました。

 

手軽に音圧を上げてくれる必須プラグインですが、サウンドのバランスを壊さないことが大前提なので、調整には難しさと奥深さを感じました。

 

DTMの音圧については、こちらの記事に詳しく書いています

DTM楽曲制作(マスタリング)時の音圧を稼ぐ方法!!

 

最後までお付き合いいただき有難うございました!

毎週火曜日の更新を予定しています。どうぞお楽しみに。

スポンサーリンク

積極的にシェアお願い!!

スポンサーリンク