GRADATION公式サイトはこちら>>>

【ライバルが少ない】キーワードを見つける方法

ブログを書くとき検索者の意図をキーワードに盛り込みながら記事を書きますがピンポイントでライバルが少ないかをある程度みてけることが出来ます。そのやり方をお話しします。

検索キーワードの確率を上げる

今回例として急にチョコレートが食べたくなって近くのチョコレート屋さんを探す検索者がいたとします。その時キーワードを「近くの チョコレート屋さん」と入力したとします。

キーワドの月間数を調べると検索需要があると判断できます。

下の写真は実際にGoogleで調べると関連したサイトが表示され数が多くキーワードを直接盛り込んでいなくても表示されてしまします。

これはGoogleのアルゴリズムの関係でダイレクトなキーワードでなくてもそれに近い内容なら上位にさせるためでドメインやサイトの強さも影響してきます。

そこでこのキーワドをダイレクトに入力した場合本当にライバルが多いかをオールインタイトルとキーワードを合わせて検索窓に入力します。

するとダイレクトに入力した場合絞り込みが少なくなりました。

allintitle:「調べたいキーワード」

 

 

19件まで絞り込めたことがわかりキーワードを積極的に取り入れ記事をしっかり書けばライバルが比較的少なく元々の検索ユーザー100~1000と多いためアクセスが見込める可能性が出てきます

まとめ

アクセスが見込めるキーワードを見つけたら検索し通常とオールインタイトルを入力しライバルが少ないか判断する。

キーワードを意識し盛り込みライバルの記事内容を網羅し文字数や内容を充実させる。

この作業でブルーオーシャン的な検索需要を見つけられるので試してみてください。

 

 

スポンサーリンク

積極的にシェアお願い!!

スポンサーリンク

ABOUT US

NISHI
40代で家族4人猫と栃木で暮らしています。 3年前まで大手企業で工場の技術系のお仕事をしていました。その後脱サラしゼロかビジネスに参入し始めました。最初の年は試行錯誤した年になりましたが次の年から売り上げが前の年を大きく超えるようになりました。 現在は物販を継続しながら0→1からの収益を現在は資産運用し投資家としても活動中です。 途中からご縁がありWEB制作に出会い現在グループで一からWEBサイト作成勉強中です!