GRADATION公式サイトはこちら>>>

【WordPlessテーマ】Bloosom Travelのフォントを変更する方法について解説【日本語対応フォント】

どうもUSUです。 今回はWordPlessテーマの 「Bloosom Travel(無料版)」のフォントの変更の仕方について、 解説していきたいと思います。

他のテーマと共通の部分が多いですが、 今回はこのテーマにフォーカスして書いていきます。

基本的なフォントの変更方法

Bloosom Travel

Bloosom Travelではダッシュボードの「外観」から「カスタマイズ」にて フォントの変更が可能です。

フォントの変更手順

Bloosom Travel
Bloosom Travel

ダッシュボード

外観

外観設定

タイポグラフィ

メインフォントとサブフォントの2種類がある

Bloosom Travel

Bloosom Travel(無料版)ではタイポグラフィという項目に2種類の項目があり、 メインとサブのフォントをそれぞれ設定できます。

基本的には同じフォントがきれいだと思いますが お好みに合わせて変更が出来るようです。

メインフォントの適用範囲

・ホームページタイトル・投稿本文・メニュー・その他ウィジェット等

サブフォントの適用範囲

・投稿記事タイトル

※設定等の変更により変わる可能性があります

フォントの種類

Bloosom Travel

Blossom Travelは英語がメインのテーマであり、 日本語に関しては対応しているフォントが比較的少ないのが難点です。

英語に関しては数多くのフォントが対応しているみたいですが、

Bloosom Travel内の日本語対応フォント一覧(一部)

ジョージア
Gothic A1
Noto Sans JP
Noto Serif JP
Sawarabi Gothic
Sawarabi Mincho
Kosugi
Kosugi Maru
M Plus 1p
M Plus Rounded 1c
Nanum Gothic
日本語対応フォント一覧

このほかにも日本語対応フォントは探せばあると思いますが、 ざっくりこんな感じです。

明朝のような活字っぽいスタイルから、丸っこいポップなフォントまで 一応用意されています。

あまり癖の強いフォントは読みづらさの原因にもなるので、 ここら辺が無難なのかなと思います!

このフォントが使いたい!というのがある場合は一覧から探してみてください。
Google日本語フォント

総括

「ジョージア」から「M Plus Rounded 1c」に変更後

いかがでしたでしょうか。 無事にフォントを好みのスタイルに変更することが出来ました!

一見設定画面がわかりづらく、 ネットにもあまり解説が載っていない「Bloosom Travel」ですが、 使い慣れると見栄えもよくベースとしていいテーマなんじゃないかと思います。

ブログやホームページ制作に是非活用してみてください。

一覧にないフォントに変更する場合はテーマ編集機能を利用するなど別の 方法を使って変更しますが、次回以降の記事で書いていきたいと思います。

 

WordPressテーマ 「Bloosom Travel」 マウスオン時に画像を凹ませる方法

グラデーション@ブログ部

スポンサーリンク

積極的にシェアお願い!!

スポンサーリンク